ホーム > エイジングケア化粧品 > エイジングケア化粧品だけでなくトータルで考えよう

エイジングケア化粧品だけでなくトータルで考えよう

悪い言い方をすると、古い服装のままの人は古いメイクのままだし、エイジングケア化粧品とか使ってケアしてる人は服装も若作りでもないイマの格好をしています。時代についていけてない人は、若い頃にやってたメイクのまま今まで来てしまったんでしょう。自分に似合う服装はこれだと決めつけているのかもしれません。娘と洋服は共有なのとか言う人は、服装もメイクも若いんですが、髪がパサパサだったりして若くはないことを余計に強調してしまっています。自分がいいならいいんですけど、周りにイタイと思われたくないのなら、客観的に自分を見つめることが大切だなと思います。もう若くないなと思ったら、意地をはらずにエイジングケアすればいいんです。


何を着ていいか分からなかったら、店員さんに聞けばいいんですよね。いま実店舗で買う人は少ないですから、暇な店員さんがたくさん相手してくれます。売れ筋だとか、今着ている服に合いそうな服を選んでくれたり、他のコーディネートを考えてくれたりします。色んな意見を取り入れることで、時代についていくことができます。自分ひとりで選んでしまうと、無難なものだたり代わり映えしないものを選びがちですからね。変わっていかないと意味ないですから。